×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シースリーの注目ポイント

全身脱毛ならミュゼ

シースリーが凄いのは、全身脱毛が月7000円という格安で出来る事です。

ひと月7000円以上かからないので、他社と比較しても非常に安く脱毛することができます。

普通の脱毛サロンだと、安く体験できますが、いざ本格的に脱毛を始めると必ずどこかで追加料金が発生します。ところが、シースリーの場合は回数が重みがちな各部位の脱毛を何回でも通って脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

回数を気にして気になっている脱毛サロンがはじめての方にもおすすめ。追加の料金は発生せずに、通えるので安心です。

脱毛は生え変わる毛のサイクルがあるので、両脇の脱毛だけでなく1回の脱毛では完全に無くなる事はありません。エステでは、通常10回近く通う必要があると言われてます。




おでこから足の先まで全身脱毛可能

両ワキやVラインは、人目に触れるので部位なので、そのような時こそプロフェッショナルな脱毛サロンで脱毛するのがおすすめです。

他社の脱毛サロンでは脱毛部位は30ヶ所程度が多いです。脱毛箇所が行ってくれる事です。

詳しくはこちら

シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリーでは全店舗で国産の高級脱毛機「ルネッサンス」を使用しています。国産なので、日本人女性の特性にあわせて設計されているので、脱毛効果も非常に良く、

詳しくはこちら

手数料不要!引っ越ししても店舗移動出来ます

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

光を照射する方式の脱毛器の場合、カートリッジ方式なのが一般的になります。カートリッジは使い切りタイプなので、何度使用できるのかは商品によって違います。ランニングコストを抑制するためには、脱毛器を購入する時に1つのカートリッジで照射できる回数が多いものを選択することが大切です。

ムダ毛のお手入れは脱毛サロンに行く2、3日前に処理ください。前の日やその日に処理すると肌が痛んだ状態で毛を抜かなければいけないので、肌にとってよくありません。ムダ毛処理が嫌いな人でも電気シェーバーを使えば容易く綺麗にできますから、脱毛サロンに通おうとしているなら1台持っておくにこしたことはないでしょう。

基本的に脱毛サロンで採用されている光脱毛は安全性は保たれています。でも、確実に安全であるとは言えず、肌荒れや火傷の症状を伴う可能性もあります。万が一のことを考え、医療機関と提携関係にある脱毛サロンを選択しましょう。さらに、ご希望の日に予約を取れない可能性もあるため、契約よりも先に予約の取りやすさを確認すると良いでしょう。

動作音の大きさは脱毛器によって異なるので、動作音が大きいものを購買してしまうと騒音に感じる可能性がないとは言えません。アパートに居住している場合、深夜に脱毛を行うと隣の住民に迷惑となることもあるので、注意が必要です。動作音が大きいのがイヤならば、できるだけ動作音の小さな商品を購買するようにしてください。

脱毛のお手入れを自分ですれば、あいている時間に脱毛することができるので、便利です。剃刀を使って自分で処理するのが定番ですが、肌を傷つけることなく他にも処理が簡易にできる方法として、脱毛剤もよいでしょう。技術の進展により脱毛にも、発売されている脱毛剤は、数多くあり、その脱毛法には、毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。

病院での脱毛は安全性が高いとされていますが、そのように言われているからといって全くリスクがない訳ではありません。病院での脱毛にも、火傷、ニキビや毛濃炎などの危険があります。医療機関での脱毛に限らず、こういうリスクはエステ脱毛でも起こりうるものです。脱毛をする場合は、少しでも口コミがいいところで施術してもらうのがオススメです。

女性が脱毛サロンで脱毛をしたいと思っている場合、気にかかるのは生理中の時期でも処理が行えるかですね。これについては、脱毛サロンによって異なってくるものだと思っておいてください。生理中でも処理してもらえるサロンもあれば、禁止の方針で統一しているところもあるのです。そうはいっても、どちらにしても生理中だという場合には、主に衛生面の問題でデリケートゾーンの脱毛については禁止です。

シースリーの詳細をタップして確認

シースリー公式へ

このページの先頭へ